ネットワークビジネス なぜはまるのか

ネットワークビジネスにハマるのは、弱さです。

もし、本当にネットワークビジネスをやりたいなら、

自分の苦手を克服し、努力が必要です。

漠然とした人ではなく、人の心を集客しようとしている

ネットワークビジネスは、漠然と人を勧誘しても、成果は上がりません。
大量生産、大量消費のビジネスではないのです。
今の時代、大量生産、大量消費を狙えば、在庫を抱えたとき、困るのです。

人の心に訴求するものがあるから、きっかけとしての興味を持ってもらえるものです。
「え?本当に稼げるの?」こんなところです。
洗脳しようとしているのではありません。

供給過多の時代に、ものを売るには、数多くある類似品の中から、
これぞ求めていたもの!と感じてもらう必要があります。
人の心を動かすから、その商品を買おうかなと、気持ちが動くのです。

もちろん、一瞬、え?と心が止まっても、
イヤ、これは自分には必要ないと思い直すこともあるのです。
ほとんどの人が、一瞬の感動の後に、猜疑心で、欲望をセーブします。

その一瞬の衝動的な感動で、即座に買い物をし、
これぞ我がビジネス♡と思ってしまう困った人を、
なぜそんなにハマるのか?検証してみたいと思います。

心に弱さがあると自己啓発を勘違いしてしまう

ネットワークビジネスのセミナーなどで、一番話題にしやすい内容は、自己啓発です。
前向きな人生、ビジネスへの前向きな姿勢…
現実的な人生は、山あり谷あり、なかなか厳しいものです。

誰もが、厳しくとも、それなりに生き抜くのが人生です。
でも、この自己啓発に、これぞ我が信心という感じで、感化されてしまう。
弱さだと思います。

弱さの中身は、精神的に弱い、他人とのやり取りに弱い、頭が悪い…など、
自分は、他の人より、恵まれていないとか、心に根強い悲壮感があると、
その自己啓発で、助かる!と思ってしまうのかもしれません。

でも、ネットワークビジネスで、実際にビジネス活動をして、収入をあげるには、
他の仕事と同じように、努力が必要です。
他の仕事ができなければ、やっぱりネットワークビジネスも難しいのです。

そこがわからずに、ネットワークビジネスだけは、自分の味方だと思ってしまう。
これは、自分の弱さ以外の何でもないと思います。

ネットワークビジネスが、自己消費分の商品を買えば、
ビジネス活動をしても良いというのは、門戸の広い仕事ではあります。
門前払いがないだけ、結局、他の仕事と同等の努力が必要です。

ハマっていると言われずに、ネットワークビジネスを続けるには?

ネットワークビジネスは、
ネットワークビジネスだけをやると、家族の反感を買ってしまいます。
収入のない間は、自分の頑張りを感じてもらえないからです。

自分で作った家族、自分に用意された家族、気に入らないのかもしれませんが、
1人で孤立して生きられないのなら、家族の思いを汲んで活動するしかありません。

中には、何をやっても認めてくれなくて、
自分ができそうにないことを、やれば一人前という家族もいるかもしれません。
しかし、やってできないことはありません。

この世に生を受け、生きているからには、やるしかないのです。
家族の言い分が、いつでも正しいわけではないけど、
家族の思いを汲まずして、ネットワークビジネスはできないのです。

ネットワークビジネスにハマっていると言われないで、
ネットワークビジネスをやるには、自分の苦手を克服し、前に進むことです。
それができないなら、ネットワークビジネスは、できないでしょう。


関連記事情報

タイミング命⁈ネットワークビジネス?
感謝されるネットワークビジネスセミナーとは
最強!ダウン獲得システム
スキルが身につく仕事
ある主婦のネットワークビジネス成功物語
ネットワークビジネス 成功の秘訣
インターネットで権利収入を得られます!

ネットワークビジネスの真実

 

インターネットの力が注目されています。

体力を消耗しない、集客活動を可能にしたのです。

特別なスキルを求めない、

主婦でも成功できる、個人起業家への最短レース…

アナタの内助の功、家族が待っています。

 

アナタに贈るネットワークビジネス動画セミナー

私が展開するインターネットワークビジネスの詳細は、

無料動画セミナーにて、ご確認いただけます。

この出会いがすばらしい出会いになればいいですね。

ネットワークビジネス無料動画セミナー

進化した最新ネットワークビジネスの方法とは…

arrow-icon140.gif

無料動画セミナー




無料動画セミナー確認後のフォローメールは、2週間限定です。
それ以上のしつこいメール送信はございません。
入力なさった個人情報は、ご案内の目的以外では利用致しません。
ネットワークビジネスが、21世紀の健全なビジネスとして、
広く普及して欲しいという思いで運営しております。




a:767 t:1 y:0