ネットワークビジネスの偏見に打ち勝つ方法

ねずみ講でしょ!の偏見は、なかなか手ごわい

ネットワークビジネスをやりたいのに、一番困る相手は、意外と家族や恋人で、
もう別に、商品とか買ってくれなくてもいいから、
ビジネス活動させてよ…と、思ってしまいます。

gf01a201307280900.jpg

「それって、ねずみ講でしょ」と、一生懸命に反対してくるのです。
批判したいのは、ねずみ講というより、
ネズミ算式に組織が拡大していくことを、悪だと思っていて、
組織の末端になるほど、稼げないしくみだと、説得してきます。



ここで、商品を買うことは、単純に商品を楽しむためのものであり、
必ず稼げることを想定した投資ではないことを説明しても、火に油。
じゃ、商品を気に入ってるのか?と驚いて聞いてきます。

ネットワークビジネスをやる人は、稼ぎたい思いもありますが、
商品のことも気に入っています。
逆に、商品を気に入らなければ、ネットワークビジネスは、できないでしょう。

相手は、自分を救いたいとか、
身近な存在として、変なことはしないで欲しい気持ちで、
批判をしてきます。

こちらとしても、争う気はないのですが、辞めるわけにもいかず、
普通に違うと説明するだけなのですが…
説明すれば、説明するほどに、相手はヒートアップして、
振り出しに戻ります。

理解してもらおうとするより、心で抑える頑張りが必要

ねずみ講ではない説明に、しぶしぶ納得してもらっても、
なぜ、仕事をするのに、無給で商品を買い続けるのか?
また、そんな仕事を他人に勧めて、相手を騙す仕事か?という疑問は癒えません。

結局、ネットワークビジネスが怪しいという思いは、晴れないのです。
大切で、身近な人ほど、しっかりと説明し、理解してもらうのではなく、
納得させてしまう、相手を心で抑える頑張りが必要です。

ネットワークビジネス自体は、合法なのです。
でも、それをやる人によって、ビジネスの見え方が変わってきます。
中には、迷惑がられるやり方や、騙して儲けようとしてる人もいます。

ネットワークビジネスのほとんどは、店舗がなく、目に見える形がありません。
だから、そのビジネスの健全性は、こちらのアピールの仕方によるのです。
結局、健全です!と言葉ばかりの主張になると、返って怪しまれるのです。

偏見を持ってる人は偏見を持ってると思ってないから厄介

家族に対して、ネットワークビジネスへの偏見を克服して欲しいと考える人は、
とてもツライと思います。
仲悪く、ギクシャクとしていても、家族は切れない縁ですから。

私の周囲では、特に年配の方ほど、偏見が強いように思います。
ネットワークビジネス以外に、良い仕事はいっぱいあると思っていますし、
テレビや新聞で広告している会社の商品が、一番信用があると思っているのです。

年配の方が知っている有名な会社でも、
ネットワークビジネスに参入していることもあるのですが、そんな説明は、
聞こえないのです(笑)

ネットワークビジネスの会社は、有名であっても、
テレビや新聞には、ほとんど出て来ませんから、
ネットワークビジネスが嫌いな人は、だって、全然有名じゃない!と思っています。

安易な思い込みから離れる気のない人、新しい情報を取り入れる気のない人にとって、
偏見を克服することは難しいのです。
しかも、当人自身、偏見を持っているのではなく、事実だと思っています(汗)

偏見を克服できない人に、ネットワークビジネスは似合わないと思います。
インターネット活動を進め、友達より多くの人と交流する中で感じるのは、
偏見を持っている人は、意外と少ないのではないか?ということです。

ネットワークビジネスで成功したいな…と考える人は、結構多いですよ。

関連記事情報

インターネット展開のMLMビジネス

マンガネットワークビジネス入門

     YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))


成功できる戦略がアナタをサポート

ネットワークビジネスで成功できないのは、
成功できる戦略をもっていないことです。

インターネットのネットワークビジネスなら、
ホームページ集客に成功できる戦略があります。
基礎から学べるネットワークビジネスとは…

ネットワークビジネスは、基礎から学ぶことで、応用力がつき、
「働く」「は(他)(楽)」➡他の人を楽にさせる、他人の役に立つビジネスです。

無料資料はこちらから



a:1852 t:2 y:0