MLMは国内企業か外資系か

日本企業か、外資系企業か、主宰会社が多く、迷う。
よい会社の判断基準として、どのくらい幅があると考えればよいか?


経済のグローバル化で外国情勢も気になります

ネットワークビジネスの、もともとの本社がどこにあるのか?
経済がグローバル化しているので、外国の情勢も気になります。
まずは、国別売上をご覧ください。2014年度分です。

国別売上高ベスト5

世界のネットワークビジネス業界の年間売り上げは、
6年連続増加し続けており、まだまだ活気があります。
2014年度の売上は、前年比6.4%増、22兆6700億5200万。
ディストリビューダー数は、3.3%増、9972万人でした。

 国名   売上高(百万円)  前年比(%) 
 アメリカ   4,274,280  5.5 
 中国   3,746,908  18.6 
 日本   2,079,976  1.7 
 韓国   2,028,518  8.7 
 ブラジル  1,616,588  0.2 

会社経営は軌道に乗せるのが難しいのです

会社経営の厳しさは、全国共通です。
どんな会社にも、立ち上げ時には、リスクを伴います。
その最初の段階では、国内、外資系、どちらも同じくらい厳しいのです。

海外のシンクタンクの調査ですが…
新規立上げのネットワークビジネスが、1年以内につぶれる確立は90%
5年以上生き残れるのは、なんと全体の0.1%未満であると発表しています。

ですから会社を選ぶコツは内外に関係なく、5年以上続いていること
そして、最低でも50億円の売上があること
これが「良い会社か?」「悪い会社か?」を判断する基準です。

主宰会社の経営は唯一受身で見極めるところ

ネットワークビジネスの経営状況は、会社自体が維持するものです。
会社の経営は、会社が動かすものとして、
会員の立場では、厳しく見極めるだけのことです。

商品がすごいとか、ビジネスプランがすごいという話は、
会社の安定の上に、私達が享受できるものです。
まずは、その会社が堅実な経営をやっているか?唯一、受身で考えるところです。

関連記事情報

MLMのニーズと将来性とは?
会社選びで迷えないこと
MLM創業期の波乗りは正解か
素人のための稼ぐ教育システム
成功ノウハウどっち?有料 vs 無料?
ド主婦向け在宅起業ツールとは

ネットワークビジネスの真実

 

インターネットの力が注目されています。

体力を消耗しない、集客活動を可能にしたのです。

特別なスキルを求めない、

主婦でも成功できる、個人起業家への最短レース…

アナタの内助の功、家族が待っています。

 

はじめての方に贈るネットワークビジネス動画セミナー

詳しい内容は、下記のフォームからお申し込みいただくと、

無料動画セミナー2週間限定のフォローメールにて、すべてがわかります。

はじめの一歩は、無料動画セミナーをご覧いただくことから。

はじめの一歩

arrow-icon140_1.gif

無料動画セミナー


ご質問は、随時、承っております。
入力なさった個人情報は、ご案内の目的以外には、利用致しません。
ネットワークビジネスが21世紀の健全なビジネスとして、
広く普及して欲しいという思いで、運営しております。


a:871 t:1 y:1