ネットワークビジネスが宗教と言われるわけ

理想論を追うから宗教っぽいと言われる

ネットワークビジネスが宗教っぽいと言われるのは、
本当に真剣にビジネスをやる人にとっては、起業ビジネスのようでありながら、
初期投資が少ないために、誰でもビジネスを始められることにあります。

店舗を用意したり、在庫を確保し、賞味期限を気にしながら、
とにかく早く、ビジネスを軌道に乗せなければ、
初期投資分を回収できない!と思い、必死で売ろうとします。

売ることに必死ですから、
自分のビジネスに対する信念などを、他人とシェアする余裕がないわけです。

信念なきビジネスは、すぐ破たんしますが、
信念ばかりでは、ビジネスを軌道に乗せ、安定させることはできないのです。
現実的にどうか?ということが、ビジネスでは大事なのです。

でも、ネットワークビジネスは、
商品の愛用者になるだけで、ビジネスをスタートできますので、
取り組む人によっては、そういう意味では、必死さが足りないのです。

リスクが小さいために、ビジネスを軌道に乗せる実力が付くまで、
地道に頑張ることができるのですが、逆に、理想論ばかり追いかけてしまう…
その結果が、宗教っぽいと言われる理由です。

ビジネスは、ビジネスらしくしているべきです

なんか宗教っぽいな…と感じるネットワークビジネスは、
その中にいるのは、楽しいかもしれませんが、ビジネスとしては、
あまり元気がないかもしれません。

日本人にとって、信仰って、あまり熱心にすると白い眼で見られます。
私も、宗教は、人が亡くなったときだけ…くらいの関わりです。
でも、世界中で一番売れてる本って、どんな本か知ってます?

テレビで聞いたのですが、聖書だそうです。
信仰心って、意外と多くの人にとって、心惹かれるものなんですね。
でも、信仰と、ビジネスは、結びつけてはいけないと思います。

信仰心を持つことは、感謝する気持ちを持つという意味で、イイと思いますが、
それは、個人サイドの問題として、とどめておくことで、
ネットワークビジネスのセミナーなどで、話題にすることではないと考えています。

もしかすると、他のノウハウがないから、
宗教っぽい話で、聴衆の心を引き付けようとしてるのかもしれません。
ビジネスは、ビジネスらしくしているのが、イイですよね。

関連記事情報

インターネット展開のMLMビジネス

マンガネットワークビジネス入門

     YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))


インターネット集客と勧誘の違い

ネットワークビジネスで、成功したいけど、どうしても勧誘がうまくいかない。
勧誘は、断られることを前提とした、集客方法です。
たくさん断られ、分母を大きくすることで、成約率を上げています。

インターネット集客は、人にアプローチするのではなく、
人の心に直接アプローチしていきます。
何を伝えるか?に重点を置いた集客は、これからの時代の主流です。


目からウロコのネットワークビジネス動画セミナー

このホームページは特定のネットワークビジネスを推奨するものではありません。

ネットワークビジネスが21世紀型の健全なビジネスとして広く普及して

正しい地位を確立して欲しい!という思いで作っています。

  • ご希望なら、以下からお申込み頂くと、MLM動画セミナーとフォローメールで、私が展開しているネットワークビジネスの仕組みをご案内いたします。

semina-2.jpg

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

人生を変える扉

  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。



a:948 t:2 y:1