ネットワークビジネス 成功率

ネットワークビジネスの成功率は、極めて低いです。
ネットワークビジネスは、戦地に赴くかのごとく、厳しい。
この成功率、戦地の生存率とかけて、お話ししてみたいと思います。

ネットワークビジネスを戦争とかける…

戦地で、生き残りをかけた戦いを続けるのは、大変なことです。
早く打たれて死んだほうがマシなんじゃないか…というくらいキツイ…。
戦争は、打たれたら死んでしまって、もうそれ以上戦えません。

戦争は、死んだらおしまいの一発勝負ですが、
ネットワークビジネスは、打たれても、打たれても、
起き上がることができます。ビジネスですからね。

だから、できるだけキツく打たれないように、
自分にとって、キツ~い場面は上手に避けて、
うま~く生き残ることなんです。

ネットワークビジネスも、戦争も生き残るから価値があるのです。
戦争に出た人の家族は、手柄なんてほどほどでいいから、
とにかく生きて帰ってきてくれることが、勝利だと思っています。

そりゃそうですよね、自分も家族も、
死にものぐるいで頑張って、玉砕して帰ってきて欲しいなんて、
絶対思っていないのです。

負け戦を選んでいませんでしたか?

実は、戦争には、勝ち戦と負け戦があります。
武器のレベルや、戦略など、戦いのやり方を見れば、
勝てそうな戦、負けそうな戦があるのです。

ネットワークビジネスでも、同じです。
そのビジネス活動のやり方によっては、多くの人が失敗してしまうことがあります。
全体の確率ではなく、極論で考えるべきです。

日本が昔、多くの犠牲者を出した戦争は、負け戦でしたが、
国の方針で、強制的に行かなければならない戦争でした。

でも、ネットワークビジネスは、参加するか、参加しないかの選択だけではなく、
どのネットワークビジネスをするかを選べるのです。
すぐに負けそうなネットワークビジネスを選んではいけないのです。

10年続いた成功者の秘密

ネットワークビジネスは、参加してもすぐに辞めてしまう人が多いです。
結果論では、すぐに辞めるんだったら、最初からやらなければよかったんです。

戦争に行くのも同じです。
戦争に行って、すぐに死んでしまうなら、行かなかったら良かったんです。

戦争に行って、精神的にも、体力的も強くなって帰ってきたら…
家族は、泣いて喜びます。
自分も、キツかったけど、帰還できたことに、感謝するでしょう。

戦争は、ちょっとのミスが命取りです。
自分だけのミスではなく、
幹部や、仲間全体のミスに、引きずられることもあるでしょう。

でも、ネットワークビジネスは、命は取りません。
失敗しないように、工夫して続ければ、生き残れるのです。

厳しい中でも、10年生き残った人は、
90% の確率で、自分の求めていた収入を手にしています。
10年も生き残るなんて、ホントかなと思うことを、やるか?やらないか?
この差が成功者の秘密です。

関連記事情報

インターネット展開のMLMビジネス

マンガネットワークビジネス入門

     YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))


成功できる戦略がアナタをサポート

ネットワークビジネスで成功できないのは、
成功できる戦略をもっていないことです。

インターネットのネットワークビジネスなら、
ホームページ集客に成功できる戦略があります。
基礎から学べるネットワークビジネスとは…

ネットワークビジネスは、基礎から学ぶことで、応用力がつき、
「働く」「は(他)(楽)」➡他の人を楽にさせる、他人の役に立つビジネスです。

無料資料はこちらから


a:922 t:1 y:0