ホームページタイトルの決め方

ホームページを立ち上げ、
自分がそこでどんなビジネスをしたいかにより、タイトルを決めます。

検索エンジンにて、上位表示されなくても、
タイトルが良ければクリックされる確率が高まります。
タイトルにセンスが光れば、見られ方が変わります。

得意分野がないからホームページ集客したいんです

ホームページタイトルは、よく考えるべきですが、
ホームページの内容が、煮詰まるより前に、まず決めることになります。

タイトルにセンスがあると、検索結果として表示されたときに、
気になってしまうので、ついクリックしてしまいます。
タイトルは、その後に作るコンテンツで押し上げる感じです。

タイトルだけが光っていても、コンテンツが悪ければ、
中身がないので、アクセスも集まらないし、集客もできません。

うまく行かないと、タイトルが悪いのではないか…と悩むこともありますが、
ホームページ作成は、ざっくりとしたところからスタートするものです。

自分の得意分野で勝負するのがイイ!と言う人もいますが、
ホームページで集客したい人って、
得意分野がないからこそ、やりたいのではないでしょうか。

得意なことのある人は、最初から、
タイトルや、コンテンツの作り方にセンスが光ります。
できる人は、イイんです。

文字数や数字にはあまりこだわる必要がない

タイトルの文字数に、決まりはありませんが、
検索結果として表示される文字数の幅が、26文字くらいです。
だから26文字くらいに収まるタイトルがスッキリするでしょう。

できるだけ大事な言葉は、頭に出します。
トップページじゃなくて、サイト内の細切れの記事が表示されるときに、
細切れの記事のタイトルと、ホームページのタイトル、両方が表示されるときがあります。

数字を入れると、検索結果として表示されたときに、目立ちます。
それだけのことで、別に数字があるからSEOに強いということはありません。

タイトルはホームページ集客の一部です

得意分野というのは、他の人に対して専門的になれる分野のことです。
私のような主婦は、料理とか、子育てなんかは、上手かもしれませんが、
それをコンテンツにしても、その程度なら、お金を出さなくても、わかります。

それに、各家庭により、やり方があり、
わざわざよその人に教えてもらいたいと思う人は、いないでしょう。

私のように得意分野がないなら、ムリして、得意分野を作らないこと。
ホームページ集客をしたいなら、自分の言いたいことから離れることです。
それより、自分より、上のレベルの人が、どんな仕事をしているか?

こんな勉強から始めます。
自分より、レベルの高い人に出会うことも、スキルです。
いずれうまくいうく人は、必ず自分よりレベルの高い師匠を持っています。

自分よりレベルの高い人には、
インターネット検索をする時間さえあれば、いくらでも出会うことができます。
問題は、そういう人に出会いたいと思っているかどうかです。

ホームぺージで集客できる理由は、すごく大きくて、深い理由があります。
ホームページが、自分のビジネスの分身なんです。
自分が変わることです。

タイトル1つがイイだけではダメで、
1つか2つだけ素敵なコンテンツがあるだけでもダメで、
すごいところを、いっぱい蓄積することに成功したとき、集客のリズムが整います。

関連記事情報

インターネット展開のMLMビジネス

マンガネットワークビジネス入門

      YouTube動画の再生終了後にリダイレクトで別のページに自動的に移動させる仕組み(IFrameプレーヤーAPI(JavaScript))


成功できる戦略がアナタをサポート

ネットワークビジネスで成功できないのは、
成功できる戦略をもっていないことです。

インターネットのネットワークビジネスなら、
ホームページ集客に成功できる戦略があります。
基礎から学べるネットワークビジネスとは…

ネットワークビジネスは、基礎から学ぶことで、応用力がつき、
「働く」「は(他)(楽)」➡他の人を楽にさせる、他人の役に立つビジネスです。

無料資料はこちらから


a:798 t:1 y:2