夫の収入が少なくても離婚しない方法

夫の収入が少なく、自分にもしっかりとした収入がない。

頼るのは、両親…、慣れない同居生活…。

家庭の中には、ストレスはないもののようですが、

この収入が少ないという不満は、深刻です。


収入が少なくても自給自足ならまだマシ

自給自足だったら、まだ、いいんです。

自給自足もできないのに、貧困世帯が増えているのです。

貧乏そうな家には見えないのに、貧乏してる…。


お金に悩み、キツイな…と思うとき、

女優の大竹しのぶさんの、子供時代の話を思い出します。

小学生の大竹しのぶさんは、小学校の給食費を払えなかった。

お金がないから、払えっこないとわかっていても、

「今日、お母さんが持ってくるって言ってたんだけどな…、

まだかな、もう来ると思うんだけどな…」と言いながら、

今日は来ないとわかっている、お母さんを待っていたそうです。

時には、お腹が空いてないからと、給食を食べなかったり、

貧乏なことをごまかしながら、過ごしていたら、

女優になってしまったそうです。



生活上の、ちょっとしたストレスは、お金があれば、

簡単に解決できる場合があります。

ただ、何かにつけ、節約、節約では、ストレスは溜まるばかりです。


夫の収入が少ないから、離婚して、実家の両親と暮らしたい。

実家の両親と、夫は、同居できない。

自分も、夫の両親とは、同居したくない。


子供がいる場合、女性は、離婚して養育費を払ってもらえば、

計算的には、少しマシな生活ができそうです。

ただ、子供は、父親と離れてしまいます。


また、子供の将来を、母親だけで、考えてやることになります。

父親の役目は、子供を育てるお金を工面することだけでしょうか。

離婚しても結婚中でもしんどい…

お金の問題は、なかなかすぐには解決しないものです。

働きに行けば、お金を稼ぐことはできるのですが、

頑張れば、頑張るほど、どこかにしわ寄せがくるのが、貧乏です。


お金に困っているときほど、

家族の人間関係が、スムーズに行かない…。

なんだか、人間の器を試されているような…。


女性にとって、離婚は、昔は不利なものでした。

でも、今は、離婚しても、結婚中でも、どちらを選んでも、しんどい。

本当にそういう時代です。

離婚することもできないなら…

戦前の日本の庶民は、決して裕福ではなかったと思います。

でも、貧乏で辛くても、笑うことを知っていたと思います。

辛くても、笑うようにする。


大竹しのぶさんは、戦後の生まれですが、

辛くても笑えるような、ユーモアと優しさを持った女性として、

大人になられたのではないでしょうか。


高度成長期の日本の中で、豊かな暮らしをしてきた、

私達や、私達の両親は、貧乏に弱いのかもしれません。

別に、貧乏に強いことが誇れるわけではありませんが。


これからの日本を担う子供を育てる母親は、

大竹しのぶさんのように、

貧乏を優しく受け止められる…、

後、もうひと踏ん張りしてもいいかもしれまんせん。


離婚をしてしまう勇気がないなら…、

アナタは、現状維持するっきゃないのです。

関連記事情報

ネットワークビジネスの真実


 


インターネットの力が注目されています。

体力を消耗しない、集客活動を可能にしたのです。

特別なスキルを求めない、

主婦でも成功できる、個人起業家への最短レース…

アナタの内助の功、家族が待っています。

 



はじめての方に贈るネットワークビジネス動画セミナー

詳しい内容は、下記のフォームからお申し込みいただくと、

無料動画セミナー2週間限定のフォローメールにて、すべてがわかります。

はじめの一歩は、無料動画セミナーをご覧いただくことから。

はじめの一歩

arrow-icon140_1.gif

無料動画セミナー


ご質問は、随時、承っております。
入力なさった個人情報は、ご案内の目的以外には、利用致しません。
ネットワークビジネスが21世紀の健全なビジネスとして、
広く普及して欲しいという思いで、運営しております。




a:689 t:1 y:1