読ませる記事の書き方

どうせ記事を書くなら、多くの人に読んでもらえる記事を書きたい!
裏技やテクニックはあるの?
素直な自分の演出を、めげずに続けることで、テクニックを養います。


裏技や小手先テクニックは通用しない

集客できるホームページを作るための記事の量は、かなり多いです。
これは、裏技とか、小手先のテクニックでは通用しないことを意味します。
素直な自分を演出することになります。

ウソは、他の記事を読んだときなどに、すぐバレるでしょう。
読者とは厳しい評論家です。

私は、このビジネスを始める前は、インターネットは嫌いでした。
インチキ臭いサイトが多く、自分の得たい情報以外のものが、
検索結果に上がってくるからです。

検索の仕方が下手…とも取れますが、なるほど、読者は厳しいのです。
そんな読者に、「あ!この人はちょっと違う!」と感じてもらうには?
素直な自分の演出が、成功に導く一番の近道です。

読者の共感を得るには?

大好きな友達と久しぶりに会えて嬉しい気持ちで、記事を書きます。
実際にあった体験をストーリーで話す感じです。
相手は興味深く聞くでしょう。

このとき、相手が共感しなさそうな話は、出しませんよね。
私は、子供のいない女友達に、
会ってすぐ子供の話を延々話したりしません。

相手が子供に対してどう思っているかは、わかりませんが、
少し思いやりに欠けるし、共感がありそうな話題を選ぶげきだと思います。
子供のいない女友達には、仕事や家事、両親や夫の話、趣味の話をします。

ホームページへの訪問は、ある言葉で検索して入ってきます。
その言葉、キーワードで検索した気持ちに応える話題を選ぶのです。

このように、私の考えや、経験をストーリーで提案すると、
相手の中にストリーが浮かびます。
そんな記事は、わかりやすいのです。

きっと相手の心に、今日の話、おもしろかったわと、
数日覚えておいてくれるでしょう。
その思いが、私への好意、ファン意識へとつながります。

記事の笑顔で頑張りましょう

読ませる記事を書きたいならば、
記事を書く側の人間は、記事を書くのが好きじゃないといけません。
量を出すために、長期戦を覚悟で望むべきです。

お手軽ビジネスではないけど、
記事を書くことを楽しいと感じることが大切なのです。
記事を書いて、情報発信した先には、お客様の好奇心があります。

その好奇心に、仏頂面では、嫌われちゃうんです。
アメリカのディズニーアニメの製作者は、
鏡に自分の笑顔を映してアニメキャラの絵を書くそうです。

私は電話のコールセンター業務の経験がありますが、
社内では「声の笑顔で頑張りましょう」と声かけをしていました。
よいものが生まれるのは、人の笑顔や楽しさから。

是非、ストーリーから、
独自の考え、経験を素直な気持ちで演出して、
訪問者の心をとらえてみましょう。

関連記事情報

ネットワークビジネスの真実

 

インターネットの力が注目されています。

体力を消耗しない、集客活動を可能にしたのです。

特別なスキルを求めない、

主婦でも成功できる、個人起業家への最短レース…

アナタの内助の功、家族が待っています。

 

目からウロコのネットワークビジネス動画セミナー


私の展開しているネットワークビジネスにご興味のある方は、

無料動画セミナーをご覧ください。

お申し込みいただくと、

無料動画セミナーとフォローメールで詳しい内容をお伝えいたします。

この出会いがすばらしい機会になればいいですね!

小さい若葉

じゃんぷ!


  • ここで入力いただいた個人情報は、資料送付の目的の範囲内で利用致します。
  • 個人情報を資料送付の目的以外で利用することはありません。


a:793 t:1 y:0